健康倶楽部案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

メディカルセンター健康倶楽部より

皆さまが健康な毎日をお過ごしになれますよう・・・・・
私たちメディカルセンター健康倶楽部がちょっぴり後押しさせていただきます。
多忙な毎日に押し流され、ついつい健康への意識を忘れがちになってしまうもの。
しかし、折にふれ健康について思うことが大切だと私たちは考えています。

TOPICS

2018.1.22
第70回地域コミュニティ公開講座『いつのまにか骨折って怖いんですよ!』
(講師:整形外科部長 佐久間 吉雄 医師)
が開催されました。(2017年12月26日 15:00〜 参加人数33名)
  最近、背中が曲がってきた、背が縮んだ気がする、腰が痛いなどの症状がある人は、“いつのまにか骨折”を起こしているかもしれません。今回は、本人に自覚症状がない無症候性の骨粗鬆症性椎体骨折=いつのまにか骨折について当院整形外科部長佐久間吉雄先生よりお話し頂きました。
  60代女性の約3人に1人は骨粗鬆症であり、また介護が必要となった原因では関節疾患と骨折・転倒を併せると最も多くなるなど、健康寿命の延伸には骨粗鬆症と骨折の予防が欠かせません。“いつのまにか骨折”の怖いところは椎体骨折の2/3が無症候性であること、また2割の患者さんが1年以内に再骨折を起こしていることです。椎体骨折の診断はレントゲン検査では判定が困難でMRI検査が適しており、骨粗鬆症の診断には当院で実施しているDXA法を用いた腰椎と大腿骨近位部の測定が好ましいようです。
  骨折連鎖を起こさないためにも、定期的に骨粗鬆症の検査を受けられることをお勧めします。

(文責 広報担当)


2017.10.13
第69回地域コミュニティ公開講座『内視鏡って苦しいの?』
(講師:消化器内科医長 上原 広嗣 医師)
が開催されました。(2017年9月28日 15:00〜 参加人数22名)
  癌の中でも罹患者数で1、2位を占める胃癌と大腸癌。早期発見のためには、内視鏡検査が重要となります。今回は、この内視鏡検査にまつわる話を当院消化器内科医長である上原広嗣先生より「内視鏡って苦しいの?」と題してお話し頂きました。
  2016年4月から50歳以上の胃癌検診にて従来のX腺検査と内視鏡検査の選択が可能となりました。一般的に、内視鏡検査といえば、「おえっとなる」「お腹が張る」「痛い」など苦しいイメージがあるようです。細部まで観察するために多少の突っ張り感や圧迫感はありますが、一時的なことで、痛みが強い場合は鎮痛剤を使用することもあるようです。カメラ(スコープ)が喉を通る時に感じる違和感は、検査前の喉麻酔を上手に行うことで和らげることができ、場合によっては鎮静剤を使用することで寝ている間に検査を行うこともできるようです。検査方法については、担当の先生にご相談頂ければ対応しておりますので、検査に不安のある方は相談してみて下さい。

(文責 広報担当)


2017.6.23
第68回地域コミュニティ公開講座『乳腺疾患について』
(講師:外科(乳腺外来)/人間ドック科部長 松田 充宏医師)
が開催されました。(2017年6月9日 15:00〜 参加人数10名)
  今回は日本乳癌学会乳腺専門医であり当院外科乳腺外来の松田充宏先生より、女性が罹る癌の中で罹患者数が最も多い乳がんを中心に「乳腺疾患について」お話し頂きました。。
  乳がんは自分自身で発見できる数少ない癌のひとつであり、乳がんの見つけ方には、視触診、マンモグラフィ(X線検査)、エコー(超音波検査)などがありますが、それぞれ一長一短あり、また検査にも限界があるため、自己検診(セルフチェック)が大切なようです。
  乳がんは30歳代後半から40歳代にかけて急増しますが、年配者の患者さんも多く、また全身に転移しやすいのが特徴のため、他の癌と同様に早期発見が大切になります。がん検診の受診はもちろん、胸を手で洗ったり、裸になり鏡の前でバンザイし胸を観察するなど、日々の自己検診が大事であるとのことでした。

(文責 広報担当)


             次回予定:第71回地域コミュニティ公開講座 詳細未定



健康倶楽部では新規会員を募っております。
公開コミュニティ講座は、初回のみ会員様以外でもご参加いただけますのでぜひ一度ご聴講下さい。
一緒に健康について考えてみませんか?
    お問合せ先: 千葉中央メディカルセンター 総合相談サービスセンター
    TEL : 043-232-9748

メディカルセンター健康倶楽部とは

メディカルセンター健康倶楽部とは

健康維持および生活習慣病予防に関する知識の普及を図り、あわせて会員相互の健康に関する情報交換を通して暮らしやすい地域づくりを目指す、会員制の倶楽部です。
健康・医療などに関する情報や、それらに関する講演会・講習会などを定期的に開催しています。一方的に情報を伝えるだけでなく、皆さまからの質問や、日頃お聞きになりたいことへの相談なども承ります。

メディカルセンター健康倶楽部概要

参加対象者

下記活動へ参加をご希望される方

会費

1,000円(年会費)*入会金は不要です。

主な活動内容

  • 医療・健康に関する情報の提供
  • 医師や医療従事者による、病気のわかりやすい説明や予防策などの医療情報を提供します。
  • 講演会・講習会の開催
  • 会員様限定の講演会・講習会を開催しています。
  • *会員以外でも初回のみご参加いただけます。ご入会をお考えの方もお気軽にご利用下さい。
  • 開催例 : 救急科専門医によるAED心肺蘇生実習、加齢と目の病気、脳卒中とその予防法など
  • 健康相談会・健康測定会などイベントの開催
  • 日頃の健康に関するご不安への相談、健康測定などを行います。
  • 開催例 : MRI装置磁場発生体験ツアー、院内巡回ツアー、動脈硬化度 測定体験など
MRI装置を間近で説明を受けながら見学した院内ツアーの様子
MRI装置を間近で説明を受けながら見学した院内ツアーの様子
AEDを使用して人工呼吸を体験
AEDを使用して人工呼吸を体験
講習会の様子
講習会の様子

過去の活動一覧はこちら

会員特典

特典1 市健診・インフルエンザ予防接種などの早期お知らせ
毎年早期に予約満了となりますので、皆様のご予定にお役立てください。
特典2 割引制度のご利用
  • 人間ドック料金割引(5%OFF)
  • インフルエンザ接種料割引(10%OFF)
  • *但し、公的負担額が決められている方は対象外となります。
  • 例 : 人間ドック40,000円が38,000円、脳ドック60,000円が57,000円になります。

メディカルセンター健康倶楽部に関するお問い合わせ/お申し込み

  • 千葉中央メディカルセンター 総合相談サービスセンター
  • TEL : 043-232-9748
  • (事務局 : 千葉中央メディカル健康スポーツセンター/千葉市若葉区加曽利町1835-1)
  • *倶楽部ご入会時にご登録いただきました個人情報は、倶楽部活動(郵送など)以外には使用いたしません。