診療科紹介

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

外科(消化器外科/乳腺外科)
今月の診療担当表はこちら

当院の外科の役割

当科ではさまざまな消化器疾患に対して多職種が有機的に機能するチームとして診療にあたっています。コメディカルも栄養士、理学療法士、ケースワーカーなど回診に同行し、患者さんそれぞれに対応、検討しています。NST(栄養サポートチーム)も積極的に活動しており、常に栄養状態の評価が行われています。

手術室スタッフ 術前訪問、入室時の申し送り、タイムアウト実施、手術中の患者管理、器械出し、退室時の申し送り
病棟スタッフ 術前・術後ケア、状態把握、化学療法の実施、吸引、体位交換、衛生管理、ドレーンなどの管類の管理、輸液・輸血の実施
ME 機器の保守点検、人工呼吸ウイニングの管理、精密機器の管理など
ICU 術直後の病態管理、呼吸、循環、などのモニタリング、ドレーン類の管理
NST 入院時の栄養アセスメント、周術期の栄養管理
リハビリ 術後の身体機能の維持、回復
薬局 調剤、混注、化学療法レジメン、スケジュールの管理

そして、診療部の多くの科との連携で成り立っています。

消化器センターの一翼を担う外科

 平成28年10月に、患者さん中心の消化器疾患治療を効果的に行うことを目的に、消化器内科・外科が1つの診療科として消化器センターを開設しました。
 センター化により、消化器内科・外科の垣根がなくなり、患者さん中心にフレキシブルかつシームレスに治療法を選択できるようになります。要するに、どちらの科で入院しても病気に対して、同じ治療を受けることができるということです。
 我々は、診療ガイドラインを遵守した治療方針を基本に、患者さんの全身状態や社会的背景も考慮し、集学的に上手に直すことを目指しています。外科で手術症例数が増えている疾患は、胃、大腸悪性腫瘍手術、胆道良性手術(胆石、胆のう炎)、虫垂炎手術です。鏡視下手術を積極的に行っております。
各疾患の手術症例数H27、28年度の実績と29年度の予想手術症例数(2か月分の症例数x6倍)をお示しします。

外科の診療実績(平成28年度)

●内視鏡外科部門(責任者:間宮俊太)

 体表に一切傷をつけずに胃カメラや大腸カメラで行う消化管内視鏡手術と、体表に傷はつけるが非常に小さな傷で行う体腔鏡(腹腔鏡や胸腔鏡など)手術があります。
 ともに低侵襲な手術を目指して開発された経緯は同じですがそれぞれ治療対象が異なり、消化管内視鏡手術(ESDやEMR)はリンパ節など他臓器への転移を認めない極早期の食道癌や胃癌、大腸癌が主な対象ですが、前癌病変である腺腫などのポリープや出血などの症状を有する良性のポリープなども対象になります。
 体腔鏡手術は消化管の全層切除やリンパ節郭清が可能となるため、消化管内視鏡手術の対象症例よりはやや進行した消化管癌が主な対象ですが、胆石胆嚢炎や虫垂炎、鼠径ヘルニアなどの良性疾患もよい適応です。
 当科では以前より積極的に腹腔鏡手術を導入してきており、これによりmedical Staffの技術習熟およびco-medical staffの術中・術後管理の定型化が進み、現在では当科で取り扱うほとんどの疾患に対して体腔鏡手術が導入されております。また消化管内視鏡手術も従来は早期胃癌のみの対応でしたが、消化器内視鏡学会指導医資格を有する常勤医が入職したことにより平成27年4月より、早期食道癌、早期大腸癌に対しても積極的にESD治療を行っております。
 もちろん虫垂炎や胆嚢炎などの良性疾患に対する緊急腹腔鏡手術にも随時対応しており、炎症の程度がそれほど重篤な状態でなければ単孔式腹腔鏡手術も施行可能です。またイレウスや腹部外傷などの一般消化器外科の緊急手術に対しても、全身状態が許せば開腹の前に審査腹腔鏡を行い最適な開腹位置・開腹径を決定するようにしており、より低侵襲に開腹手術が行えるよう万全の態勢で臨んでおります。

診療実績

平成28年度の内視鏡外科部門の手術診療実績は以下の通りです。

食道 ESD 4例
ESD 15例
EMR 9例
腹腔鏡手術 14例
大腸 ESD 23例
EMR 285例
腹腔鏡手術 34例
肝臓 腹腔鏡手術 1例
胆嚢 腹腔鏡手術 72例
虫垂炎 腹腔鏡手術 30例
イレウス 腹腔鏡使用 14例

●ヘルニア部門(責任者:長田俊一)

 手術対象疾患:毎週木曜にヘルニア外来を開設し、主に鼠径部ヘルニアや腹壁瘢痕ヘルニアなどの治療をおこなっています。日本ヘルニア学会より鼠径部ヘルニア診療ガイドラインが作成され、当院でもガイドラインに沿った治療を心がけています。
 当院でおこなっている手術は@前方アプローチA腹腔鏡下手術があります。前方アプローチでは、Plug法、Bilayer法、Direct Kugel法をおこなっています。
 また嵌頓、腸管壊死をおこしているケースなどではCDCガイドラインを参考に組織縫合法もおこなっております。
 腹腔鏡下手術ではTAPPをおこなっています。TAPPは前方アプローチと比較して術後疼痛が少なく、早期社会復帰が可能などのメリットがあります。

診療実績

平成28年度のヘルニア部門の手術診療実績は以下の通りです。

鼠径ヘルニア TAPP 65例
前方アプローチ 26例
閉鎖孔ヘルニア 3例
臍ヘルニア 4例
腹壁瘢痕ヘルニア 4例
大腿ヘルニア 1例

●肝胆膵部門(責任者:長田俊一)

 対象疾患:原発性肝癌、転移性肝癌、胆道癌(胆管癌、胆嚢癌、乳頭部癌)膵癌、胆のう結石、胆嚢炎、胆管炎、門脈圧亢進症(食道胃静脈瘤、脾機能亢進症)、膵腫瘍(内分泌腫瘍、粘液産生性膵腫瘍)など。

治療方針

 肝臓癌や転移性肝癌(特に大腸癌や直腸癌からの転移)に対して積極的に手術治療を行っております。重要と考えているのは、術前診断を精度高く行うことと、患者さまにとって安全な手術を施行することです。腹部超音波検査、腹部CT検査、内視鏡検査、内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)などの検査にて、術前診断を行います。その上で、手術適応かどうか、どういった手術方針が適切かをカンファレンスにて検討しています。
術後はICU・病棟看護師と協力しながら、円滑な退院、外来通院を目指しています。

診療実績

平成28年度の肝胆膵部門の手術診療実績は以下の通りです。

開腹胆嚢摘出術 5例
腹腔鏡下胆嚢摘出術 73例
膵体尾部切除 1例
膵再発手術 2例
肝2区域切除術 2例
肝外側区域切除術 1例
肝部分切除 1例
腹腔鏡下肝部分切除 1例
胆嚢がん手術 2例

肝胆膵部門では、どのような手術方式が適切かの判断が困難な患者さまや、安全な手術施行が難しい患者さまも存在します。このような場合、大学病院やがん研有明病院への紹介や、出身大学医局から手術指導に招聘したりしております。

●化学療法部門(責任者:間宮俊太)

 化学療法とは抗癌剤を用いて行う癌治療です。手術適応とならない高度に進行してしまった消化器癌(食道癌、胃癌、大腸癌や膵癌、胆道癌など)が主な対象ですが、治療成績を上げる目的で手術前後に行われることもあります。
 化学療法で用いられる抗癌剤には様々な種類がありますが、抗癌剤の種類により効果を発揮する癌と発揮しない癌があるため、癌の種類により使用する抗癌剤を選ばなければなりません。また近年では癌を分子レベルで詳しく調べ、“癌だけの狙い撃ち”を目指す分子標的薬剤という新規抗癌剤の進歩が目覚しく、ほんの数年前には治療不能であった、もしくは著しく治療効果不良であった癌種に対してもしっかりとした治療が可能となってきました。
 ただし実際の実施にあたってはこれら抗癌剤や分子標的薬剤を数種類組み合わせて使用することが多いため、次々と発表される抗癌剤や分子標的薬剤についての知識を常にup dateし、それらの組み合わせ方について精通していなければならず、実臨床での具体的な投与方法や効能・効果また副作用の発現内容・時期など多岐にわたる知識が必要となります。そのためどのような病院においても行える治療ではありませんが、当科には日本がん治療認定医機構認定がん治療認定医が4名在籍しており、日本がん治療認定医機構認定研修施設にも認定されており、高度な化学療法にもしっかりと対応しております。
 また患者さんの負担軽減のため、通院で化学療法が行えるように専任看護師が配置された外来化学療法室(6床)を有しており、月〜金の週5日対応可能です。もちろん高度な化学療法に対する入院治療も行っており、“万全の態勢で消化器癌に対する化学療法を施行できる外科”です。

診療実績

平成28年度の化学療法部門の診療実績は以下の通りです。

食道癌 外来 1症例 合計12回
入院 2症例 合計3回
胃癌 外来 13症例 合計103回
入院 8症例 合計16回
大腸癌 外来 27症例 合計176回
入院 5症例 合計8回
胆管癌 外来 1症例 合計9回
入院 2症例 合計2回
膵癌 外来 2症例 合計28回

乳腺外科

【診断】

 日本乳がん検診精度管理中央機構の定める基準に従って、マンモグラフィー、超音波検査画像を判定しています。
 乳癌などを疑う場合、針生検や乳房MRIも実施でき、千葉市の乳がん検診精密検査機関に指定されています。

【治療】

 当院は日本乳癌学会認定関連施設です。
 日本乳癌学会ガイドラインや欧米のガイドライン・コンセンサスに従う、標準治療を提供しています。

【他科との連携】

 形成外科と連携して乳房再建が可能な体制をとっています。また、持病(心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、骨粗鬆症など)をお持ちの方も、安心して治療を受けていただけるように、各科と協力しています。
 抗がん剤治療などで体調を崩された場合も、救急外来で24時間対応しています。

【他院との連携】

 近隣の検診施設や乳腺外科とも連携して、乳癌の診断や術後の薬物療法や定期検査などを行っています。
 また、近隣の放射線専門施設に、術後照射などのご協力をいただいています。

【乳癌診療実績】

 主なデータはグラフのとおりです。

外科の業績(平成28年度)

学会発表

○長田 俊一、佐藤貴弘、間宮俊太、大腸がん肝転移根治術後の異時性胃十二指腸,皮膚転移および歯肉転移が疑われた1 例:第71回 日本大腸肛門病学会学術集会、平成28年11月18日〜19日、三重
○鈴木 洋一、松田充宏、間宮俊太、松井郁一、長田俊一、松葉芳郎、蜩cひさみ、荒瀬佳子、小野ゆり、桝澤容子、大腸閉塞で発症した浸潤性小葉癌の1例:第78回 日本臨床外科学会総会、平成28年11月24日〜26日、東京
○松田 充宏、鈴木洋一、間宮俊太、松井郁一、長田俊一、松葉芳郎、荒瀬佳子、蜩cひさみ、小野ゆり、桝澤容子、40代で出現した乳腺巨大線維腺腫 の1例:第78回 日本臨床外科学会総会、平成28年11月24日〜26日、東京
○長田 俊一、間宮俊太、鈴木洋一、松井郁一、松葉芳郎、仲本嘉彦、成人腸重積による腸閉塞で発症し、腹腔鏡補助下に切除した回腸inflammatory fibroidpolyp の1 例:第29回 日本内視鏡外科学会総会、平成28年12月8日〜10日、横浜
○松葉芳郎、松田充宏、松井郁一、鈴木洋一、間宮俊太、金井 雅彦、完全腹腔鏡下に単純縫合閉鎖しえた外傷性空腸穿孔の1 例:第29回 日本内視鏡外科学会総会、平成28年12月8日〜10日、横浜
○鈴木 洋一、Upside down Stomach を伴った食道裂孔ヘルニアに対して腹腔鏡下手術を施行した一例:第29回 日本内視鏡外科学会総会、平成28年12月8日〜10日、横浜
○藤澤美奈、高橋亜由美、松田充宏、松葉芳郎、荒瀬佳子、柳田ひさみ、岡本茂、小野ゆり、他者に発見された乳癌症例の検討:第24 回日本乳癌学会学術総会 6月東京
○高橋亜由美、藤澤美奈、小山憲子、藤井ルミ、飴谷絵理子、今村真由美、武元麻紀子、内田好美、松田充宏、鈴木洋一、間宮俊太、松井郁一、長田俊一、松葉芳郎、堀江篤哉、金塚 東、須永雅彦、後藤良将、石畑奈津、鈴木貴史、乳癌治療中の糖尿病患者に対する看護師の役割:第53回千葉乳腺疾患研究会 7月千葉
○藤澤美奈、高橋亜由美、松田充宏、松葉芳郎 、荒瀬佳子、柳田ひさみ、乳癌化学療法中の糖尿病患者に対する看護師の役割:第13 回 日本乳癌学会関東地方会 12月さいたま

医師紹介

常勤医師

長田 俊一

  • Shunichi Osada
役職 外科主任部長、消化器センター長
専門分野 一般・消化器外科、大腸外科
資格 医学博士
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医・評議員
日本大腸肛門病学会指導医・専門医・評議員
日本臨床外科学会評議員
日本外科代謝栄養学会評議員
日本静脈経腸栄養学会評議員
がん治療暫定教育医・がん治療専門医
アメリカ内視鏡外科学会メンバー

松葉 芳郎

  • Yoshiro Matsuba
役職 副院長、外科部長、診療部長、地域医療連携室長
専門分野 一般・消化器外科
資格 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本超音波医学会超音波指導医・専門医
ICD制度協議会認定インフェクションコントロルドクター(ICD)
検診マンモグラフィ読影認定医
日本医師会認定産業医

松田 充宏

  • Mitsuhiro Matsuda
役職 人間ドック科部長 兼務
専門分野 一般消化器外科、乳腺
資格 日本乳癌学会乳腺専門医
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会消化器がん治療認定医
人間ドック健診情報管理指導士
日本人間ドック学会認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
乳がん検診超音波判定医

間宮 俊太

  • Toshitaka Mamiya
役職 医長
専門分野 一般消化器外科、消化器内視鏡
資格 医学博士
日本外科学会指導医・認定医・外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科指導医・専門医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡指導医・専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
日本医師会認定産業医
日本大腸肛門病学会専門医

服部 陽

  • Yo Hattori
役職 医員
専門分野 外科全般、救急診療
資格 日本外科学会専門医
日本救急医学会救急科専門医

非常勤医師

  • Masato Yamazaki
資格・専門分野 医学博士
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
肝胆膵外科高度技能指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本胆道学会指導医
がん治療認定医
消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本臨床外科学会評議員
日本内視鏡外科学会評議委員
日本腹部救急医学会評議員
国際外科学会日本部会幹事
膵臓内視鏡外科研究会世話人