診療科紹介

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

眼科
今月の診療担当表はこちら

当院の眼科の役割
眼科紹介

良質の安心できる眼科医療の提供を目指しています

当科の診療目標は“良質の安心できる眼科医療の提供”です。
日々進歩していく診断技術や治療法をいち早く取り入れ、患者さんに提供することも必要ですし、なにより患者さんへの病状・治療方針説明をしっかりと行うことを大事にしております。眼科外来看護師および4名の視能訓練士、そして常勤2名 非常勤1名 計3名の眼科医師が、互いに協力し合いながら患者さんに接し、信頼していただけるよう、これからもより良いチーム医療を実践するつもりです。


手術に関しては、2泊3日での白内障手術をはじめ、網膜硝子体手術も行っており、糖尿病網膜症・網膜剥離・黄斑円孔・黄斑前膜・網膜静脈分枝閉塞症などが適応疾患となっております。また、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症での黄斑浮腫に対する、抗VEGF剤硝子体内注射も行っております。

Claioイメージ図

診察システムに関しては、医療用データマネジメントシステム「Claio」を導入致しました。これまで別々にご覧いただいていた検査データと画像データを、診察室で同時にご覧いただくことができるようになり、患者さんに的確でわかりやすい説明と診察ができるようになりました。

これからも、地域の皆様に信頼・安心していただける眼科医療の提供を目標にスタッフ一同努力していきたいと思います。

当科で診療する主な疾患
糖尿病網膜症などの網膜硝子体病変

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症とは、糖尿病の患者さんの網膜(眼のフィルムにあたる)に出血や血管閉塞が生じ、進行すると硝子体出血や網膜剥離を生じ失明にいたることもある疾患です。 普段からの定期的眼底検査・適切な時期のレーザー治療・進行した症例には硝子体手術などが必要となります。また、網膜静脈分枝閉塞症(眼底出血)の黄斑浮腫による視力低下、あるいは黄斑円孔(網膜の中心部分に小さく穴が生じ、中心視力低下を生じる)や黄斑前膜(黄斑部に膜が生じ、このためにゆがみや視力低下を生じる)なども、硝子体手術により視機能改善することが多くなっております。 また、放置すれば失明のおそれがある網膜剥離についても、硝子体手術やバックリング手術により90%以上の復位が得られます。

緑内障について

緑内障とは

緑内障は、40才以上の5%にみられるとされ、視神経と視野に変化をきたし、眼圧をさげることでその進行を抑制することのできる疾患です。痛みはなく、かなり進行しないと自覚症状もありません。従って、健診や人間ドックの眼底写真で見つかることが多いようです。一般に正常眼圧は11〜21mmHgとされますが、緑内障の中で最も多いのが正常眼圧緑内障です。つまり、眼圧が正常であっても緑内障は否定できません。早期発見し、適切な治療を行えば生涯良好な視機能を保つことが可能です。

診断・治療法について

緑内障の治療は、眼圧を下げるのが第一目標となります。具体的には点眼を使用します。いくつかの作用機序の異なる点眼があり、まずは1種類から開始し、症例に応じて変更や追加を考慮していきます。例えば、無治療時眼圧が25mmHgの患者さんで緑内障の進行が早期であれば19mmHg以下・中期なら16mHg以下・末期なら14mmHg以下を目標としますし、正常眼圧緑内障ならば無治療時眼圧から20〜30%低い眼圧を目標にするなどします。点眼治療でも眼圧コントロールが不良であれば、レーザー治療あるいは手術を考慮することになります。

白内障について

白内障とは

白内障とは、眼の中にある水晶体が混濁した状態をいいます。外傷やステロイド性、糖尿病性などもありますが、年齢に伴う加齢性白内障が圧倒的に多いようです。一般には60歳あたりから出はじめ、ゆっくりと進行していきます。初期には視力低下をきたすことはなく、羞明感やたまにかすむ程度ですが、進行するに従いかすみが増強しやがて視力低下の自覚が出てきます。

診断・治療法について

点眼治療は、白内障がなおることはなく、あくまでも進行を遅らせる意味合いしかありません。日常生活に不自由があれば、手術が必要です。医学の進歩に伴い、白内障手術も安全・確実に行われるようになってきており、短期入院で良好な視機能回復が得られる症例が大部分となっています。

医師紹介

常勤医師

池尻 充哉

  • Mitsuya Ikejiri
役職 部長
専門分野 白内障、緑内障、硝子体手術
資格 医学博士
日本眼科学会眼科専門医

末廣 伸太郎

  • Shintaro Suehiro
役職 医長
専門分野 白内障、緑内障、硝子体手術
資格 医学博士
日本眼科学会眼科専門医

非常勤医師

  • Nobuaki Sano
資格・専門分野 医学博士
日本眼科学会専門医
s