病院案内

診療担当表

休診のお知らせ

インフォメーション

医療法人社団誠馨会
千葉中央メディカルセンター

〒264-0017
千葉市若葉区加曽利町1835-1
TEL:043-232-3691
受付時間
午前8時15分〜

※来院前に必ず各科の診療時間をご確認ください。

看護師の一日の様子などもご案内

http://www.ccmc.seikei-kai.or.jp/

  • NCDロゴ
  • 当院は2012年10月に日本医療機能評価機構ver.6.0による認定更新をしました。

病院の取り組み

信頼と奉仕」医療の立場から行える社会への貢献。地域の皆様が不安のない活き活きとした毎日を過ごすこと―。


活動のご紹介

救急救命士の再教育に係る病院実習受け入れ 

千葉市メディカルコントロール(医学的観点から救急業務の質の向上を図ること)制度の一員として平成22年度より救急救命士の病院実習医療施設となり、実習を受け入れています。実習は救急車で搬送された患者さん、また入院中の患者さんに対して、指導医(当センターでは救急科専門医)の指導監督下で実施されます。

「救急医療勉強会」の開催

地域を含めた救急医療に関する知識と技術の底上げを目的とし、搬送症例や新しい診療法の紹介なども研修内容に盛り込みながら、病院職員だけではなく、地域の救急救命士等にも公開した勉強会を毎月開催しています。

日本救急医学会認定「誠馨会千葉ICLSコース」開催

病院内外にかかわらず心肺停止傷病者を目の当たりにすることは決してないとは言えません。医療法人社団誠馨会の各急性期医療施設、千葉県の各市消防局・消防本部及び千葉県消防学校の協力の下、日本救急医学会公認のコースとして誠馨千葉ICLSコースを開催しています。医療従事者の救急蘇生術のレベルアップを図ることにより、地域医療の貢献に努めています。

地域の病院・開業されている先生方との連携 地域の病院・開業されている先生方との連携

サマーフォーラム(講演会)の様子

専従の担当者を配置し、86医療機関91名の先生方にご登録いただき、連携をとっています。症例検討会や懇談会を通じ、親睦を深め顔の見える連携を築き、患者様のスムーズな治療につながるよう努めています。

NCD症例登録

当院は一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、
患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。

詳細につきましては下記リンクをご利用下さい。
一般社団法人National Clinical Database(NCD)のホームページ http://www.ncd.or.jp/
患者さん向け説明資料(PDF)

被災地への医療救護班の派遣   ⇒東日本大震災医療救護班インタビュー

医療救護班(第1班)

2011年3月11日発生の東北地方太平洋沖地震により被害にあわれた地域へ、全日本病院協会の要請を受けて医療救護班を派遣いたしました。
1回目:宮城県気仙沼市(3/22〜3/25) 5名(医師2名、看護師2名、スタッフ1名)
2回目:福島県相馬市 (4/1〜4/4)   3名(医師1名、看護師1名、スタッフ1名)

この度の東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

  • 千城台若葉区民祭り参加

    毎年、病院の「健康フェア」ブースを出展し、健康チェック、健康相談など承っております。血糖測定、骨密度測定など、各回ともに約200名の方々にお立ち寄りいただいています。

    参加時の様子
  • 千葉中央メディカル健康倶楽部 千葉中央メディカル健康倶楽部

    会員制で医療情報などを発信しています。
    会員に参加していただく公開講座、シンポジウムの開催を始め、院内巡回ツアーで新しい機械を見ていただいたり、インフルエンザ受付関連など一足早く情報をお届けします。 人間ドックの割引もあります。

    院内見学ツアーの様子
  • 社団法人日本糖尿病協会千葉県支部 部会「加曽利あゆみの会」 千葉中央メディカル健康倶楽部

    院内に事務局をおく、糖尿病患者様の会です。長い治療期間を一人で悩まず、治療や健康管理についてのアドバイスや、他の患者さまとの交流の機会を設けています。

救急隊直通回線による救急専門医療の受入

脳神経外科・循環器は365日24時間、救急は平日の日中、救急隊から直接電話が入るPHSを、各々の専門医が持っています。これにより、正確・迅速な患者様情報の伝達が行われ、救命や適確な治療など効果を上げ、他の診療科とともに地域の救急医療に貢献しています。

 

地域リハビリテーション広域支援センター 地域リハビリテーション広域支援センター

千葉県からの指定を受け、皆様へのリハビリテーションを実践している訪問看護スタッフ、介護スタッフや施設の方々向けに講演会を開催したり情報交換の場を設け、間接的に皆さまが住み慣れた環境で快適に過ごすお手伝いをさせていただいています。

 

千葉中央メディカル健康スポーツセンター 千葉中央メディカル健康スポーツセンター

疾病をお持ちの患者様にも安心して運動していただける施設です。専属のトレーナーがおり、お一人お一人に合わせた運動療法プログラムを作成いたします。

 

エコキャップ回収

環境保護の一環として、私たちのペットボトルのキャップ回収に参加しています。
ペットボトルのキャップは約400個で1kgとなり、800個でポリオワクチンが1人分購入できます。また、400個のキャップを焼却すると、3.15kgのCO2が発生します。
これまでの参加分は、累計で120,200個となり、ポリオワクチン約150.3人分となった報告をいただきました。削減できたCO2は947kgになります。
ECCOCAP ⇒http://ecocap007.com